« 4月といえば…… | トップページ | 踏んだり蹴ったり »

YMOとさだまさし

2007040111

3月24日は友人に誘われてライブを見てきました。
なんでも、友人が組んでいるバンドのメンバーが違うバンドから出演するから見に行くそうで、演目が私好みだからと誘ってくれました。

場所は東京は大岡山。はじめて降り立つ場所でした。
会場は東工大近くの「PEAK-I


16時半の開場を待って地下のホールへ。
こういう雰囲気の場所は「ロフトプラスワン」しか知らないのできょろきょろしておりました。
料金は500円1ドリンク付きのチケットでした。
てっきり飲食しながらかと思いきやそういう場所ではありません。友人曰くそういうところもあるそうです。
舞台上にアナログのシーケンサがあることを友人が教えてくれました。あのくらいだと結構なお値段するとか。気合いが入っているね、みたいな話しを始まるまでしておりました。


2007040112

17時に開演。YMOのコピーバンド「Project Y」からスタートでした。
YMOについては「最近CMやっているね」くらいしか知りません(笑)
でも、聞いたことある曲が何曲かあったので楽しむことが出来ました。
女性がボーカルだったのは珍しいのでしょうか? でも、意外と電子音楽と女性の高めの声が合うことが分かりました。
YMOだとインストゥルメンタルな曲ばかりと想像してしまいますが、今回はボーカル曲がほとんどで私には新鮮でした。
最後に40分間のライブが終わって、次のバンドと入れ替えているシーケンサを片付けているところを見て大笑い。なるほどそういう手もありますね。


2007040113

続いては、さだまさしのコピーバンド「ヘイサンズ」
なんでも潜伏期間の長いバンドだそうで今回が初ライブとか。
ボーカルが二人(ベースとドラム)で交代で歌っていました。
そういうのは初めて見ましたが、それぞれの声質にあった選曲だったのでこれも一興でした。

「君のふるさと」「道化師のソネット」と有名どころから始まりました。
暗いライブ会場で聞いていると良いですね、思わす口ずさんでおりました。

続いては「案山子」と「夜間飛行」!
この2曲連続で来たとなるとこのバンドには宇宙開発ファンがいる!とか勝手に勘違いしていました。
「案山子」は言わずもがな“これ(フラッシュ)”と“これ(ウェブ魚拓)”ですし、「夜間飛行」のサブタイトルは「~毛利衛宇宙飛行士の夢と笑顔に捧ぐ~」ですから(笑)
個人的にも「夜間飛行」は好きな曲です。さださんの曲の中でもそれほど有名な曲ではないですからここで聞けるとは思っていなかったので今回のヒットでした。

「夢」「飛梅」と続いて、最後には「夢しだれ」「修二会」とこの時期らしい選曲でした。
最初は、なんだか引きずられるようにずれて演奏していたのでちょっとどうなるかと思っていましたが、この頃になると緊張が取れて手が温まってきたのか気持ちよく演奏しているのが分かって楽しかったですね。


今回は、この2バンドの演奏を聴いて会場を後にしました。
音楽なんてプレーヤーで聞くばかりですがたまには生の音楽を聴くのも良いですね。
こういう機会があったらまた行きましょう!

|

« 4月といえば…… | トップページ | 踏んだり蹴ったり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/14486617

この記事へのトラックバック一覧です: YMOとさだまさし:

« 4月といえば…… | トップページ | 踏んだり蹴ったり »