« パプリカ | トップページ | 復刊 »

『はやぶさ 不死身の探査機と宇宙研の物語』

2006122401

この著者はよく知りませんでした。でも題名が題名なので試しに読んでみました。

『はやぶさ 不死身の探査機と宇宙研の物語』
(吉田 武著 ISBN4-344-98015-8 幻冬舎新書)

ちょうど去年の11月から12月にかけては「はやぶさ」の活躍に胸躍らせてものでした。
この本でも「イトカワ」へタッチダウンするところから始まっています。
それから「はやぶさ」を運用している宇宙研の始まりから現在までがつづられています。

新書というサイズのなかでこれだけの内容を盛り込んだのはたいしたものです。
初めて「はやぶさ」と「宇宙研」にふれた人でもどんな探査機かどんな組織か理解を手助けすると思います。

「はじめに」にありますが「……内容は“はやぶさマニア”や“ファン”の皆さんには既知のものが多く、物足りなさを感じられるかもしれない……」とあります。
確かに、本書の内容はホームページや既存の本で書かれている部分が多くあると言えます。
参考文献のページもないので著者がどうやって執筆したか分からないのがちょっと残念です。
たぶん、「はやぶさ」の題名とサブタイトルが逆になっていればそんなに違和感がなかったのではと思います。

でも、この時期にこういう一般向けの本が出てくれることはうれしいと思います。
最近、宇宙開発本が少ないので形はどうであれ出版されたことは良いことではないかと思います。

年に2~3冊この手の本(もちろん質の高いもの)が出れば、2010年の帰還までいろいろな意味で楽しめますね。
そして、「はやぶさ」帰還後「はやぶさ2」が打ち上げられた頃に本命の「はやぶさ本」が出るのと期待しています。


写真はJAXAiにあったこの本です。
丸善で購入すると「ポスター」と「はやぶさ君の冒険日誌」が特典でいただけるそうです。
「はやぶさ」と「宇宙研」がなんだか分からない人でも、この3点セットであなたも「はやぶさファン」になりませんか!

|

« パプリカ | トップページ | 復刊 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/13187837

この記事へのトラックバック一覧です: 『はやぶさ 不死身の探査機と宇宙研の物語』:

« パプリカ | トップページ | 復刊 »