« きく8号/H-IIA11号機打ち上げ成功! | トップページ | 『はやぶさ 不死身の探査機と宇宙研の物語』 »

パプリカ

音楽が平沢進さんというだけで見に行ってきました。

パプリカ

原作がある映画です。「平沢さんの音楽が聴ければよい」程度で足を運びました。
しかし、映画が始まるとこの作品自体の面白さに引き込まれてあっという間の1時間30分でした。
原作も映画を見た後に読んでいますが、原作通りではない内容でした。しかし、原作の世界観をよくまとめてあってあれだけの話をよくこの短い時間でまとめたと感心しました。

平沢さんの音楽は難解ですが、「パプリカ」の映像を通してみるとなんだか分かった気がしました。逆にあの原作を読んだだけであればあの世界観はよく分からないで映画化されても見に行ったか分かりません。
うまい具合に映像と音楽が合わさって「悪夢」「無意識」が理解できるレベルまでなったんだと思いました。
そういう意味では、「パプリカ」は音楽毎楽しめる映画でした。
エンディングに「白虎野の娘」が流れましたが席を立つ人が少なかったですね。私も作品を思い返しながら聞いてしまいましたよ。

今監督の映画は「千年女優」しか見たことありませんけど、あちらこちらに今監督らしい仕掛けがあってそれも楽しめました。個人的にはラストのシーンで思わず笑ってしまいました。あんな映画館があったら絶対ハシゴします(笑)

上映している映画館が少ないのが残念ですがDVDになったら買おうと思います。

|

« きく8号/H-IIA11号機打ち上げ成功! | トップページ | 『はやぶさ 不死身の探査機と宇宙研の物語』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/13187231

この記事へのトラックバック一覧です: パプリカ:

« きく8号/H-IIA11号機打ち上げ成功! | トップページ | 『はやぶさ 不死身の探査機と宇宙研の物語』 »