« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

『奇跡の船「宗谷」』

今年は、日本の南極観測50周年です。
本屋に行くとそれに関係する書籍が目に入ります。
手に取る本は少ないですがこれは手に取りました。

『奇跡の船「宗谷」』
(桜林 美佐著 ISBN4-89063-206-9 並木書房)

フリーのアナウンサーである桜林さんがあるきっかけで「宗谷」の過去について調べたくなったそうです。その延長線上で「軍艦宗谷会」という海軍時代の「宗谷」乗組員の方々の集まりに出かけ交流するようになったそうです。
それがプロローグとなって、軍艦・灯台補給船・南極観測船・巡視船と昭和を走り抜いた「宗谷」の歴史がつづられています。

南極観測船としての「宗谷」はあまりにも有名ですから私でもいくつかのエピソードは知っていました。
でも、この本は宗谷の誕生から余生まで「宗谷」に関わったいろいろな方の話しを交えて丁寧につづられていました。

また、この手の本には珍しく著者が女性なので切り口がなかなかです。
お話を聞いた方々が桜林さんの祖父や父親にあたる世代になるので娘さんが昔話を聞いているような感じとでもいうのでしょうか。そこに「日本のお父さんたちの昭和史」であることもあとがきで書かれています。

ですから、「宗谷」のスペックとか「戦記」とかはあまりありません。
それでも、戦前戦後、昭和という時代を「宗谷」から見えた物語は、ただのドキュメントものに終わっていない本でした。

この本を手に取った日は、「南極男」こと国立極地研究所名誉教授の村山雅美さんが亡くなられたことを新聞で知った日でした。(私は、小学生の頃村山さんの子供向けに書かれた南極点旅行の本を読んでから南極と南極観測船が好きになったのです)
日本もそれだけ時代を重ねてきたんだとも思いながらこの本を読んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小杉健郎教授のご逝去について

今朝、松浦さんのブログを何気なく見たら悲しいお知らせがありました。

9月に打ち上げられた太陽観測衛星「ひので」のプロマネの小杉先生が亡くなられたとのこと。
「ひので」の定常運用も始まってこれからだったのだと思います。57歳は早すぎます。

来年の宇宙研一般公開は、「ひので」の活躍が目玉のひとつになるでしょうからちょっと……。

心よりご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンティークガラクタヤ

2006111911

土曜日は、東京は新宿で講習会を受けた後に国分寺まで足をのばして「アンティークガラクタヤ」に行ってきました。
私自身、アンティークを趣味にしているわけではないですが、ちょっと調べていた最中にこのお店を発見して「これはいかねば」となったのです。

上の写真を見てピンと来た方、その通りです。

続きを読む "アンティークガラクタヤ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

無償交換のバッテリーが届きました

2006111901_1

この前記事にしました「自主交換のバッテリー」ですが、今週交換のバッテリーが届きました。
サポートに電話をしたら「4週間かかります」と言われてしまったのですが、こればかりは仕方がないのでそのままお願いしました。

すっかり忘れかけていた数日前に交換バッテリーが宅急便で届きました。

続きを読む "無償交換のバッテリーが届きました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「探検!人工衛星 」 ~新ニッポン探検隊!~

11月12日の午前6時半から6時45分に放送される「新ニッポン探検隊!」(日本テレビ系列)で、技術試験衛星VIII型「きく8号」を特集するそうです。
ホームページの紹介によると「そこで今回は人工衛星開発の現場を訪れ、人工衛星の役割や実用化へ向けた取り組みを探検します! 」とのこと。

たった15分!?と思ってしまったのは私だけかもしれませんが、それはそれでちょっと楽しみ。
打ち上げまで1ヶ月近くですからね、いろいろなところで見る機会が増えていくんでしょう。

個人的には、「きく はちぞう」のインタビューとか見たいです。
愛嬌があるやつみたいなので我が家にも来てくれないかな。
JAXAからぬいぐるみが出たら買っちゃうんですけど(笑)

意外に人工衛星ってぬいぐるみかしやすいのではと思っています。太陽電池パドルの問題さえ片付けば、円筒形とか立方体とかだからいけるかも。擬人化した場合だともっといけるかも(笑)
やわらかはやぶさ」もいいかも。


ちなみに、この情報は私の上司(情報ありがとうございました)の知り合いがこちら方面を手伝っていて、そっち方面から来た情報が転送されて来ました。あっちこっり転送されたようですけど出所とか見て笑ってしまったのは秘密です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロケットまつりS

2006110501

前回のロケットまつりからたいして間もなく次のロケットまつりで行けるか怪しかったですがなんとか駆けつけることが出来ました。(JRが軒並み遅れていてのでどうなるかとおもったら、遅れてきた電車のおかげで早く新宿に着いてしまいました)
さすがにいつもの「ロケットまつり」と違うからなのでしょうが、珍しく席に座ることが出来ました。

今回の「ロケットまつりS」は、いつもの「ロケットまつり」に「なぞなぞ宇宙講座」がゲストで合同したという形になっていましたが、なんといつもの「ロケットまつりチーム」は松浦さんしか来られずに、笹本さんとあさりさんはそれぞれの理由で欠席(笹本さんは「小娘」のげんこー。あさりさんはフロリダに逃亡で飛行艇に乗る!だそうです)
対して、「なぞなぞ」のメンバー(藤谷文子さん、野田司令、八谷和彦さん)はフルで来られて「ロケットまつり」が乗っ取られた形でした(笑)

続きを読む "ロケットまつりS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『少し変わった子があります』

森博嗣さんの新しい本が出ていましたので手にとってみました。シリーズ物ではないのでちょっと不安がありましたがこれは私にとって当たりでした。

『少し変わった子があります』
(森 博嗣著 ISBN4-16-325200-2 文藝春秋)

腰巻にもありました“孤独”がここにありました。
この言葉はあまり良い感じを受けない風潮がありますが、森風にいうところの「それは人間にしか味わえない嗜好」とでもいうのでしょうか?

短編の中で繰り返される目の前の女性との会話から乖離して走る思考は、通常の生活では味わうことの出来ないものなのでしょう。
それは、特別な人と特別な場所で特別に味わう料理と似ている、とでも言えると思います。
特別というものを普通の特別に置き換えることなくこの作品で描かれているのが、さすがだと言えます。

久々に読み終えるのが残念な作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『それからはスープのことばかり考えて暮らした』

クラフト・エヴィング商會の吉田さんの新しい本が次々出ていましたが中でもよかったこの本です。

『それからはスープのことばかり考えて暮らした』
(吉田 篤弘著 ISBN4-7660-0130-3 暮らしの手帖社)

もし、「映画」と「サンドウィッチ」と「スープ」が好きだったら手にとって見てください。
この本の世界は、吉田さんの(たぶん)モチーフである世界のどこかにある遠い街の片隅です。
どこかでみたことがある風景ですが思い出せない場所。
そこに主人公が引っ越してくるところから始まります。

ここからいくつもの話しが少しずつ進んでいきます。その出来事と相互の重なり具合が良いんですよね。
別に大きな事件や出来事が起きているわけではないんですけど。
短編に合わせてちょっとずつ歩み寄ってきていつの間に別の話になっていて。
でも、あわてることなくゆっくり静かに読めます。

もし、どこかに引っ越すことになったら、絶対この街に引っ越したい。
映画館でスープが飲みたいし、帰りにサンドイッチを買って部屋でのんびりしたい。
そう思わせるとっても静かでおいしい物語でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »