« 「宇宙科学大作戦!」 ~ 宇宙科学研究本部 一般公開~ | トップページ | 佐々木丸美さん作品の復刊 »

ロケットまつりスペシャル 「はやぶさは舞い降りた」

2006081701

これも今更ですが書き込みです。
7月29日は、1日中楽しい日でした。その2です。

今回のロケットまつりは小惑星探査機「はやぶさ」についてトークライブでした。
ゲストは、実際に「はやぶさ」の運用に携わっている方です。
橋本さんは、人工衛星の姿勢制御に軌道制御、はやぶさでは着陸誘導の担当。
久保田さんは、ロケットの姿勢などを研究していて、ミネルバの担当。
矢野さんは、「イトカワ」でサンプルを採取する部分を担当。
という完璧な布陣。
聞き手は、いつもの松浦さん笹本さん浅利さん。
ゲストの方の話に、解説や背景に時間的な流れなどかゆいところに手が届く司会でさすがでした。

宇宙研の一般公開の後に東京は新宿まで移動してロフトプラスワンへ。
と、思ったのですが宇宙研で歩き回って汗だくだったので一度自宅へ着替えに帰りました。
これが敗因でした。

いつもより早く到着したのに、最初に座れた場所が出入り口。すでに大混雑。
運良く店の人に奥にあいているスペースを勧められモニターが見えるボックス席へ移動できました。
なんでも120人が入る会場に200人以上も集まってしまったそうです。
なんでも、出入り口からあふれたお客さんは階段まで列がのびてしまったとか。
恐るべし「はやぶさ」

いつものように詳しく書けないのはお約束ですが、ミッションの成り立ちやターゲットマーカー・ミネルバの苦労話(笑)、「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」に接近してからのミッション解説、今後の「はやぶさ」シリーズ、ポスト「はやぶさ」の話などどこをとっても“おいしい”話ばかりでした。
イトカワの模型が差し入れの「リポビタンD」の箱の上に飾られているくらいですから(笑)

ゲストの宇宙研のみなさんも貴重な映像や資料を見せてくれました。
専門家の解説付きだと、web上で見た資料もポイントが分かって理解が深まります。
その都度、“拍手”と“爆笑”の連続でした。

今回の内容で、すべてが語られたわけでもないのでこのスペシャルトークライブも“シリーズ化”してほしいものです。
また、この話たちいつかちゃんとまとめられて書籍とかになりませんかね。
“ここ”だけでの話ではもったいない!

会場には、「はやぶさ」の運用に携わった人たちや「はやぶさ」を作成・運用をしているメーカーの人たちがきていました。最後にこの方たちにも大きな拍手が送られました。
この方たちもすごいですよね。いつか壇上で話される日を楽しみにしています。

また、待望の『宇宙へのパスポート3』がこの日に先行販売され、あまりの参加者の多さに買えないかと思ったらなんとか買えました。帰り道に早速読み始めました。


トークライブとは直接関係ないのですが、ボックス席に移ったときにその場にいた人たちと話せたことが良かったです。
なんでも、ロケットまつり全回参加(大阪を除く)の方とか、M-V-7号機第1組立オペレーションを見に行かれた方とか、もちろん宇宙研一般公開から駆けつけた方とか、宇宙研で配られていた内輪を持っていない人に配ってくれた方とか、いやーロケットまつりらしい“勇者”たちばかりでした。
ご一緒できて光栄でした(笑)

いつもとちょっと違った「ロケットまつり」でしたが、こういうのも良いですね。
出演者の方、ロフトプラスワンの方どうもありがとうございました。

|

« 「宇宙科学大作戦!」 ~ 宇宙科学研究本部 一般公開~ | トップページ | 佐々木丸美さん作品の復刊 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/11486432

この記事へのトラックバック一覧です: ロケットまつりスペシャル 「はやぶさは舞い降りた」 :

« 「宇宙科学大作戦!」 ~ 宇宙科学研究本部 一般公開~ | トップページ | 佐々木丸美さん作品の復刊 »