« ココログ復活なるか | トップページ | 「宇宙科学大作戦!」 ~ 宇宙科学研究本部 一般公開~ »

「ふしぎ大陸南極展2006」

2006072801_1

東京は上野の国立科学博物館で7月15日から9月3日まで行われている「ふしぎ大陸南極展2006」に行ってきました。

子供の頃、映画「南極物語」を見たり、第9次隊の極点旅行の本を読んでいました。南極での冒険や発見には胸を躍らせたものです。
日本南極観測50周年を記念したこの展示会に行かないわけがないと出かけました。

2006072802
ひさびさの国立博物館は混んでいました。展示会の感心の高さが分かります。
チケットを買おうと並んでいたら、目に入ったのが上の写真。
「雪上車のチョロQ」も目当てだったのですが、8月上旬でないと手に入らないそうです。

2006072803
展示会の入り口では、ペンギンが迎えてくれました。

展示会の構成は、「日本の南極探検に始まり」「観測初期の時代から現代まで」「南極大陸の動物たち」「南極大陸のなりたち」「南極から見た地球の環境」と見所満載の内容になっていました。

2006072804
樺太犬の「タロ」と「ジロ」
日本の南極と言えば、はずすことが出来ないこの2匹。
普段は、別々の場所にいますが今回のために久々に一緒になったそうです。

2006072805
第1次越冬隊の気象観測野帳。

2006072806
初代南極観測船「宗谷」のプロペラ。

2006072807
一見普通の部屋に見えますが、南極は昭和基地の個室。
随所に寒さ対策が施されているそうです。

2006072808
小型雪上車「SM25S」
内部には入れませんが、後部が開放されていてよく見えました。

2006072809
触ることが出来る「南極の石」

2006072810
時間帯では、昭和基地と回線を通じて越冬隊員とのライブ中継を見ることが出来ます。
私も運良く見ることが出来ました。
南極では温度を表現するときに「マイナス」をつけないそうです。

2006072811
剥製でも結構かわいい南極の動物たち。

2006072812
「ドームふじ基地」で採取した氷。
地球の変化が分かるタイムカプセルです。

2006072813
こちらの南極の氷は「触れます」
さすがに冷たい。

2006072814
展示の最後にあったのが、次の南極観測船の模型(1/100)
現在の南極観測船「しらせ」の退役がまもなくで、南極での観測に空白をもうけないためにも完成が急がれますね。


いつものように写真を撮っていたつもりが意外に撮ってはいませんでした。
それだけ見るものがあって有意義な一日でした。
会期中にもう一回くらい行こうかな。

|

« ココログ復活なるか | トップページ | 「宇宙科学大作戦!」 ~ 宇宙科学研究本部 一般公開~ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/11135105

この記事へのトラックバック一覧です: 「ふしぎ大陸南極展2006」:

» ふしぎ大陸南極展2006 [かなり週刊:にっき]
梅雨明けしたと思ったら、一気に暑いです。 この暑い中、国立科学博物館で行われてい [続きを読む]

受信: 2006/08/05 19:03

» ふしぎ大陸南極展2006 [Star Prince JUGEM]
ルーブル美術館展を目指すも50分待ちということで、また挑戦することにしてやはり興味のあったふしぎ大陸南極展2006@国立科学博物館へ。 かつて大学時代の友人と九州にて南極の氷を使用してカクテルを飲んだことはありますが、南極の氷にさわる機会がありました。日本南極観測50周年記念ということで貴重な展示が多数ありアザラシのぬいぐるみとペンギンのTシャツを購入娘は楽しかったようです。オーロラもきれいでした。お昼は館内のレストランで小生は南極展記念ランチ、すずきのパイ包み、デザート等GOODでした。その後常... [続きを読む]

受信: 2006/08/06 17:23

« ココログ復活なるか | トップページ | 「宇宙科学大作戦!」 ~ 宇宙科学研究本部 一般公開~ »