« 航空宇宙技術研究センター一般公開 | トップページ | 『本気で言いたいことがある』 »

岩崎一彰宇宙美術館

2006050701

大型連休は、休みだというのに仕事をしていましたがそれも片づいたので日帰りで伊豆高原に行ってきました。
お目当ては、「岩崎一彰宇宙美術館」です。
伊豆高原駅からバスに乗ること10分ほど。最寄りのバス停(理想郷)から歩いても5分ほどの場所でした。(坂道を登りますけど)

いつもなら、写真をぱしゃぱしゃ撮るのですが、館内撮影禁止と言うことで文字だけで。

建物は、地下1階地上2階で、地下1階にプラネタリウムや売店、1階は常設展示室、2階は企画展示室となっていました。屋上には、61cm大型反射望遠鏡が設置されています。

岩崎さんの描かれた「宇宙」を見ていると、どこか懐かしい感じを受けました。自分の記憶をたどってみると、子供の頃に読んだ本にあった「宇宙」の絵が岩崎さんの絵だったようです。
エアーブラシで作成された絵はどれも精密で、写真を見ているような気分を味わえます。今のように人工衛星からの高解像度な画像が存在していない時にあれだけの絵を描かれていたわけですから、あちらこちらの書籍に掲載されていたのも納得できます。
説明文に「ホリエモン」の文字も見えましたので(笑)定期的に見直されているようです。

2階には、宇宙関係の図書やビデオなどが豊富にありました。他の博物館のパンフレットやISASニュースのプリントアウトなどもありました。
旬の「はやぶさ」もペーパークラフトとイトカワ到着記念ポスター(A3版)とこの前銀座で行われた「池下章裕 リアル・スペース・アート展」のポストカードが飾られていました。その横には、SOLAR-Bのペーパークラフトとミッション紹介のプリントアウトもありました。


2006050702

屋上には、口径61cmのKIC式反射望遠鏡があります。岩崎さんのデザインによるものだそうです。
内部は、入り口まで自由に入れたので、望遠鏡自体を見ることが出来ました。

地下のプラネタリウムは、ミノルタが開発したフルカラーデジタルプラネタリウム「メディアグローブ」の1号機だそうです。3メートルほどのドームに映像を交えた番組を見ることが出来ました。ここら辺がデジタルプラネタリウムの強いところでしょうか。


電車とバスで行くと時間的な制約がありますが(というか、伊豆高原自体車で動く場所ですね)、駐車場もちゃんと完備されているので、伊豆高原に車で行かれる方には、ちょっと寄ってみると良いかもしれません。
2006050703

|

« 航空宇宙技術研究センター一般公開 | トップページ | 『本気で言いたいことがある』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/9950095

この記事へのトラックバック一覧です: 岩崎一彰宇宙美術館:

« 航空宇宙技術研究センター一般公開 | トップページ | 『本気で言いたいことがある』 »