« 『星と生物たちの宇宙』 | トップページ | ロケットまつりβ »

地球観測センター一般公開

2006052101

今年も行ってきました「地球観測センター一般公開」。
どうしようかと迷ったのですが、やっぱり今年1月に打ち上げられた陸域観測技術衛星「だいち」からのデータが見られるとなれば、と出かけました。

東武東上線の高坂駅から送迎のバスで向かいました。
地球観測センターに向かう道すがら、私の後ろに座っていたご夫婦が、今度は孫を連れてくるか、女の子だと興味がないけど、男の子だと楽しめるからね、とか話されていました。同感です。

2006052102
受付をすませて、靴にカバーをかぶせて施設見学です。
随所に上の写真のような告知があります。
いわゆる「生だいち」です。こういうのを期待してきたから止められません。

2006052103
施設のあちらこちらに「だいち」からの画像が張られています。
日本各地やもとより世界各地の画像が張られています。
ホームページ上で見たもののありますが、やっぱりこれくらい大きいパネルになると、細かい点が見られて良いですね。


2006052104
こちらは、ご当地埼玉県の画像が床に貼られていました。
「さがそう! ぼくんち わたしんち」コーナーです。
ご近所の方たちが熱心にご自宅を探しては、係の人からもらった付箋を付けていました。
初めは「見つかるわけない」といった感じで画像を見ていたおかーさんも、我が家を見つけるなり大はしゃぎをして付箋をもらっていました。恐るべし「だいち」の解像度(笑)

2006052105
時間になったので第1運用棟で、「だいち」からのリアルタイム画像を見に行きました。
でも、最初に出てきたのは真っ白な画面。一面雲の海でした。
(なんでも、10時からのときも雲だらけで何もみえなかったそうです)

2006052106
じりじり待っていると来ました「中国奥地」です。
さすがに係の方もどこだか特定出来ない、と言っていました。
(この係の方、プラズマディスプレーの前で、「だいち」のデータを説明していましたが、面白い方でした。こういう方が説明されていると、ただの画像も“生きてくる”から不思議です)

2006052107
こちらは、海の上の画像です。
真ん中に白い筋が見えます。「飛行機雲」だそうです。宇宙から見るとどこまでも続いているんですね


さて、帰りのバスの時間もあったので駆け足で見学しました。

2006052108
直径13メートルの受信アンテナ。
「だいち」が取得したデータは、一度「こだま(データ中継技術衛星)」を経由して地球観測センターで受信します。
そのアンテナです。

2006052109
「地球観測展示室」にあった「AMSR(改良型高性能マイクロ波放射計)」の模型。
主反射鏡と校正部を除き実際に衛星に搭載されたものと同じものだそうです。

2006052110
こちらは、ビデオ上映室で行われた「知っとこ! 宇宙開発」です。
プレゼン形式でJAXAのおねーさんが講義をしてくれました。
人工衛星の軌道から地球観測の意義までクイズを交えながら楽しい時間でした。

2006052111
モデルロケット打ち上げ会場。
子供たちが思い思いに作ったロケットが気持ちよく飛んでいました。
高度70メートルくらいまで上がっていましたね。

2006052112
こちらは、クイズラリーの景品です。
5問のクイズに挑戦すると好きなものが頂けるというやるです。
「だいち」のトートバックをゲットしました。

2006052113
ロケット打ち上げ会場での1枚。
天気が怪しかったのですが、地球観測センターのみなさん総出で一般公開を盛り上げていました。
楽しかったですよ。


去年と違って、今年は「だいち」が打ち上がって最初の一般公開だったので雰囲気が違ったように見えました。
なんだか、みなさん“うきうき”しているようで(笑)
地球観測センターは年2回一般公開を行っています。
次来たときはどんな画像が見られるんでしょうか楽しみです。


ここにもありました。

2006052114

|

« 『星と生物たちの宇宙』 | トップページ | ロケットまつりβ »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/10176647

この記事へのトラックバック一覧です: 地球観測センター一般公開:

« 『星と生物たちの宇宙』 | トップページ | ロケットまつりβ »