« ひまわり7号とあかりのスペースカバーが届く | トップページ | 4月といえば…… »

JAXAi 春休みイベント in 丸の内OAZO

20060326-01

今日は、東京丸の内OAZOで行われた「JAXAi 春休みイベント in 丸の内OAZO」に行ってきました。
……と言いたいところなのですが、このイベントを知るのが遅くて、当日は16時近くまで都内某所でいろいろやっていました。
なんとか「小惑星探査機 『はやぶさ』 に迫る」トークショーの終わり15分前に滑り込みました。
川口プロジェクトマネージャーのトークショーですからね。最後の1分でも聞ければ良いかとあきらめていましたが少しだけで聞けたの良かったです。

20060326-02
人の頭越しの写真ですが、このように大盛況でした。

たどり着いたときには、ずいぶん話が進んでいたようで、小惑星「イトカワ」についていろいろ話されていました。
川口プロマネがパソコン片手に「イトカワ」に説明されています。さっそくデジカメでそれを撮影しようとしたら「撮影しないで下さい」とのアナウンスが入りました。まだ調査中や解析中の画像もあって、まあいろいろあると。
だから、撮影した人は個人で楽しんでくださいね、とのことでした。

と、いうことで詳しくは書けませんが、でも、その内容は科学雑誌「サイエンス」の4月号に特集として組まれるくらいのものです(これは買いに走らねば!)。
これはすごい。それを川口プロマネが説明されているんだからなんて贅沢。
最初から聞きたかった……。


20060326-03
その後で行われたのが「宇宙の音楽募集キャンペーングランプリ受賞者による演奏会」です。
ALEX(E.Bakay改め)のお二人の生演奏。
最近のJAXA関係のイベントなどでよく耳にする曲を作られた方たちです。
川口プロマネのトークショーの後で、だいぶ椅子が空き座って聞くことが出来ました。

ゆっくりした曲が大半です。
宇宙のイメージとなるとこうなるのでしょうか?
でも、普段のなんだかよく分からない忙しなさをおもうと、本当の生活のリズムってこの曲たちのようにもっとゆっくりと静かなんだろうなと思いながら聞いていました。
種子島でH-IIAロケットの打ち上げを見た後で作られた「Tアイランド」という曲が良かったです。


20060326-04
さて、目玉が小惑星探査機「はやぶさ」実物大模型です。
これと対面するのは3回目ですが、こんなに間近で見たのは初めてです。

20060326-05
このくらい間近です。ちなみにこの写真は「逆転の姿勢制御! キセノンガス噴射」部分です。
もちろん、ミネルバにターゲットマーカー、再突入カプセルも展示されていましたよ。


あとは「はやぶさ」クイズラリーもやっていました。
コースに分かれていましたので、もちろん中・上級コースに挑みました。
結果は……1問間違えた!
「はやぶさ」と地球の通信にかかる時間の問題が「片道」とあったのに間違えて「往復」と勘違いしてしまいました。私はだめな人間です(笑)
でも、景品いただきました。
それがこれ。

20060326-06
「はやぶさ」のキーホルダです。


会場ではポスターを配っていました。
「はやぶさ」のイトカワ到着記念のポスターです。A3版はISAS/JAXAのホームページがダウンロードできますが、もらったポスターはA1版のものです。
これはありがたい。

20060326-07
家のプリンターで出力したA3版と比べても、印刷がとてもきれいです。
やっぱりこれくらい大きくないと見栄えがしませんね。


今回は1日だけのイベントということでちょっと残念ですね。
定期的に、とまではむずかしいのかもしれませんが、こういうことは続けていってほしいですね。

駆け足で見てきましたが満足なイベントでした。

|

« ひまわり7号とあかりのスペースカバーが届く | トップページ | 4月といえば…… »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/9275505

この記事へのトラックバック一覧です: JAXAi 春休みイベント in 丸の内OAZO:

« ひまわり7号とあかりのスペースカバーが届く | トップページ | 4月といえば…… »