« 「一人百歌」 | トップページ | 池下章裕 リアル・スペース・アート展 »

陸域観測技術衛星「だいち」の打ち上げ

20060128-01

インフルエンザにかかってしまい、ちょっと楽しみ損ねて今さらですが、このネタです。
2006年1月24日午前10時33分、陸域観測技術衛星「だいち(ALOS)」が、H-IIAロケット8号機で無事打ち上げられました。
詳しいことは、こちらをご覧ください。
ALOS / H-IIA・F8 COUNTDOWN

悪天候や地上設備の不具合などあって延期続きでしたが、打ち上げ自体は何の問題もなくよかったですね。
今回から使用された第1段エンジンのLE-7A(ロングスカート)も見事に機能したようです。

「だいち」もロケット切り離し後、太陽パドルの展開、データ中継衛星通信部(DRC)の展開、合成開口レーダ(PALSAR)アンテナの展開と順調に運用が進んでいました。
(合成開口レーダ展開のプレスリリースが予定より1時間ほど遅れたときは一瞬あれ?と思いましたけど)

27日の夜から28日の午前中まで、データ処理系の異常検知でクリティカルフェーズに戻ってしまいましたが、今はそれも復帰して初期機能確認フェーズへと移行しました。よかったよかった。
確か、日本の地球観測衛星って初期段階でつまずく衛星が何機かありましたね。でもそのあとで復帰して大活躍する、という歴史を「だいち」も踏襲したんですかね(笑)

「だいち」は設計寿命が3年、目標で5年となっていますが、少しでも長生きして地球の様々な姿を私たちに見せてほしいですね。

上の写真は「だいち」のペーパークラフトです。
だいぶ前に作ったのですが、手頃な大きさで見栄えもよいです。


20060128-02
ちなみに、今日JAXAiに行ってきたら、無事打ち上げの報告がありました。

20060128-03
それで、クイズラリーも「だいち」仕様になっていました。

|

« 「一人百歌」 | トップページ | 池下章裕 リアル・スペース・アート展 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/8387598

この記事へのトラックバック一覧です: 陸域観測技術衛星「だいち」の打ち上げ:

» 陸域観測衛星「だいち(ALOS)」異常はコンピュータの誤認と判明 [CheshireCat Diary]
だいち」機能に異常なし 放射線の影響で誤認? 宇宙航空研究開発機構は28日午後、機能確認作業中の27日夜に異常が検知され、作業が中断していた陸域観測衛星「だいち」について、実際には異常がないことを確認し、作業も完了したと発表した。 宇宙空間で放射線を浴..... [続きを読む]

受信: 2006/01/29 04:17

« 「一人百歌」 | トップページ | 池下章裕 リアル・スペース・アート展 »