« 陸域観測技術衛星「だいち」の打ち上げ | トップページ | TBSラジオ若山弦蔵のバックグラウンドミュージック »

池下章裕 リアル・スペース・アート展

20060128-11

28日、都内に用事があったので、それに合わせていろいろ見て回ってきました。
メインが「池下章裕 リアル・スペース・アート展  はやぶさから未来へ」です。

用事を済ませてから、東京は有楽町へ。
JRの駅からは高速道路を目指します。高速道路にぶつかったら、それ沿いに行くと5分ほどの場所でした。

20060128-12
ちょっと入り口が分かりにくいのですが、この建物の2階です。

20060128-13
その入り口。

20060128-14
階段を上がって左手奥に「柴田悦子画廊」があります。ここが会場でした。

会場に入ってみると、そんなに大きな部屋ではないですが、壁一面に作品が展示されています。
流れているBGMは、甲斐恵美子さんの「Lullaby of Muses」ではないですか。
画廊の方が、すぐに来てくれて作品を紹介している小冊子を貸してくれました。それを見ながら作品を見て回りました。
タイトルでは「はやぶさから未来へ」とうたっている通り、「はやぶさ」や未来に予定されている計画がメインですが、それ以外にも「H-IIA」「スペースシャトル」「デルタロケット」があったり、「のぞみ」や「ニューホライズンズ」など見所満載です。

初日だったからでしょうか、作品を描かれた池下章裕さんがおられました。
わざわざ画廊の方が私なんかに気を利かせてくれて池下さんとお話しさせて頂く機会をいただけました。
(以下、絵心のない私が聞いた内容なので間違っていたらすみません)

作品は、CGでフォトショップで書かれているそうです。「はやぶさ」の場合は、「はやぶさ」自体はデータがあるのでそれを元にしているそうですが、「イトカワ」や背景などはタブレットで描かれているとのことです。

「イトカワ」も作品を書かれた時の情報を元に描いているそうで、まだ“点”でしか分からなかった頃は、クレーターが多いという科学者の予想のもと書いたりしたそうです。
(画廊の方曰く「科学者の頭の中をこれだけ描けるのだからすごい」とおっしゃっていました)

「イトカワ」や背景の宇宙空間は、ほとんど池下さんの想像で描いているそうです。データはあるそうですがそれに頼らず描くことが多いと言っていました。「はやぶさ」のタッチダウンのCGなんかそうとは思えないくらい、精巧に描かれていました。

作品は、だいたいが依頼があったとき描いているそうで、ミッションがあると依頼が来るそうです。
こういう作品を描かれる方なので、「はやぶさ」に対するミッションにもとても詳しくて今後の「はやぶさ」の動向についてお話しているときも自分としては描いてみたい、とおっしゃっていました。
そのとき、通信が回復する可能性が60~70パーセントでという話になったのですが、「なんとかなると思いますよ。あの方が天才ですから」とそばに置いてあった「JAXA's」の最新号(5号)の表紙を見ながら言っていました。
同感です。

会場は、私のようにホームページで見たという方がかなり来られているそうです。
画廊の方もいろいろ気を使ってくれるので、画廊なんて始めての人間でも居心地よく鑑賞できました。
また、知らない分野同志の人でも「はやぶさ」を通してこういう場で盛り上がれるのは意外な体験でよかったです。
私のように「宇宙開発」で見に来た以外でも「絵」として見に来た人の話とかも聞けたりして「はやぶさ」という触媒の凄さに改めて感心するばかりです。


ちなみに、私が訪れたときその場に居られた皆さん盛り上がっていたので「聞き耳」していたのですが、JAXAのホームページ担当の方がお二人来ておられました。おひとりは見たことあるなと思ったら、「はやぶさのブログ」の人でした! 
いやいやびっくり。
なかなか興味津々な話をされていましたよ。こういう効果も今回の「企画」と「画廊」と「はやぶさ」のコラボレーションのなせる技でしょう。

その中で、“20分ほど前に「ハカセ」が来られていた”とか。
「マトガワセンセイ」と来る予定だったのが、急な漁業交渉が入ったとかでおひとりで来たとか……。
えっー、「ハカセ」って、「はやぶさ」のプロジェクトマネージャの川口先生では!
なんでも恥ずかしそう(すまなそうだったかな?)に画廊に入ってきたそうです(笑)

ああ、惜しいことしました。
それでも、貴重なアートと居心地のよい空間を提供してもらって感謝の一日でした。


写真は、帰り際に頂いた今回の展示会のポストカードです。
一枚だけでもよかったんですけど、画廊の方が「お友達にもどうぞ」と沢山分けてくれました。
ありがとうございました。

ちなみにその足でJAXAiに行ったのですが、ここにもありましたよ、ポストカード。
20060128-15

|

« 陸域観測技術衛星「だいち」の打ち上げ | トップページ | TBSラジオ若山弦蔵のバックグラウンドミュージック »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして、あっきゃんと申します。というかひょっとするとその場にいたと思います(^^ゞ
そのポストカードうちの宇宙美術館にも大量に(^^ゞ置いております。お客様がちょこちょこ持って帰られているようです。

投稿: あっきゃん | 2006/02/02 00:20

あっきゃんさん、初めまして。
コメントありがとうございます。
さきほどブログを読ませて頂きました。
はい、その場にいました(笑)

皆さんのブログとか読みますと、初日にいろいろな方がお見えになっていたようです。それであれだけ盛り上がっていたと納得しました。楽しいアート展でした。

宇宙美術館はまだ行ったことがないです。
チャンスがあったらぜひ行きたいと思います。

投稿: 山本 | 2006/02/03 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/8389337

この記事へのトラックバック一覧です: 池下章裕 リアル・スペース・アート展:

» 池下章裕 リアル・スペース・アート展 はやぶさから未来へ [ごんざぶログ]
今日は、JAXA総合技術研究本部(調布)へ出張。エレクトロ・ダイナミック・テザーに関する研究打ち合わせです。 打ち合わせが予定より早く終わり、夕方少し時間ができたので、同行の学生2名も誘って、折しも銀... [続きを読む]

受信: 2006/02/01 11:48

« 陸域観測技術衛星「だいち」の打ち上げ | トップページ | TBSラジオ若山弦蔵のバックグラウンドミュージック »