« 『博士の愛した数式』 | トップページ | 弱い者いじめはやめませんか? »

ALWAYS 三丁目の夕日

今年の最初に見に行った映画です。
見逃さないで良かった映画でした。

舞台が昭和33年ですので、私の生まれの前の話です。
それでも、どこか懐かしく感じるのは、今とは違った空気の流れをこの映画が持っているからでしょうか?
四季を通じで、様々なドラマが起きては続いていくこの映画は、まったく架空ではなくちょっと昔に当たり前にあったことだと実感させられました。
もちろん、今の東京に昔の風情は残っていないのでしょうから、かなりのCGを使われているようですが、派手でもアクションでもないこういうCGの使い方ってある意味本当の使い方ではないかと思いました。

映画館の雰囲気も、映画が進むにつれてなんだかゆっくりしてきて、映画に合わせて皆が笑ったり声を上げたりしているのを感じると、ほんのひととき昭和33年に行くことが出来たような気がしました。
この雰囲気がこのまま続けばよいなと思いました。

とっても良い映画でした。

|

« 『博士の愛した数式』 | トップページ | 弱い者いじめはやめませんか? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/8082985

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS 三丁目の夕日:

« 『博士の愛した数式』 | トップページ | 弱い者いじめはやめませんか? »