« 「はやぶさ」2010年6月の帰還へ | トップページ | elements~メンデレーエフの奇妙な棚~ »

「プロの視点」

野尻さんの掲示板から知ったのですが、NIKKEI NETのNET EYE プロの視点で「研究の失敗に寛容な風土はできるか」という記事があります。
内容は、小惑星探査機「はやぶさ」にからめて、成功と失敗について書かれたものです。

これに対して、松浦晋也さんのブログ「松浦晋也のL/D」の「「はやぶさリンク」:日経新聞・清水正巳編集委員の記事に関して」で反論が書かれています。

私としても、小惑星探査機「はやぶさ」の意義などを無視した、「プロの視点」の内容に首をかしげるばかりで、松浦さんたちの反論の方が筋が通っていると思えます。
小惑星探査機「はやぶさ」の意義や挑戦については、すでにあちらこちらで書かれているので私ごときが書くこともないのでしょうが、それでも「プロの視点」で説明されているようなものではないと思います。

これが、私たちの知らないプロジェクトやすでに失敗したと言われている計画などを取り上げて、実は失敗だけど大きな意義や挑戦があったからと、論調を進めるのであれば、理解できるところもあったのでしょうが、ここで取り上げられたのが、「はやぶさ」だったのが大きな問題だと思います。

せめて、専門家の方が、科学について書かれるなら、それは読む人たちに、科学の意義やその価値や、それと楽しさと興味を抱かせる主旨で書いてほしい。
また、現場の人たちが気がつかない問題点や価値を掘り出してほしい。
読んでいる私たちが、少なくともがっかりするような内容でないことを期待したいです。
今回の件は、それを再確認させているのでは、と思います。

|

« 「はやぶさ」2010年6月の帰還へ | トップページ | elements~メンデレーエフの奇妙な棚~ »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/7827432

この記事へのトラックバック一覧です: 「プロの視点」:

« 「はやぶさ」2010年6月の帰還へ | トップページ | elements~メンデレーエフの奇妙な棚~ »