« ロケットまつり8 | トップページ | 『大学の話をしましょうか』 »

『そうだったのか!アメリカ』

池上彰さんの「そうだったのか!」シリーズの新刊が出ました。

『そうだったのか!アメリカ』
(池上 彰著 ISBN4-8342-5120-9 ホーム社)

題名通り、アメリカ合衆国について池上さんが分かりやすく説明をしている本です。
全部で9章で構成されていて、それぞれの章をキーワード立てで書かれています。

そのキーワードは、アメリカ独特のものだったり、どこの国にもあるものだったりしていますが、そこから見えてくるアメリカという国を根底から解説してくれています。
よく知っているアメリカだと思っていましたが、その「常識」もそのはじまりから丁寧な解説と歴史の流れを池上さんの独特なやさしい解説で目からうろこが落ちっぱなしでした。

思っていたよりも自分が知らないこと知っていたつもりのことが多くて、こういうのが「勉強」になります。
ちゃんと、アメリカ合衆国国歌が原文と日本訳で載っています。こういうところに目がいっているだけでうれしくなりますね。

とっても良い本です。

|

« ロケットまつり8 | トップページ | 『大学の話をしましょうか』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/6934635

この記事へのトラックバック一覧です: 『そうだったのか!アメリカ』:

» 池上彰/「そうだったのか!アメリカ」(Akira Ikegami) [zig zag road]
池上彰が書くと「そうだったのか!!」となる? そうだったのか!アメリカ 池上彰・著 「そうだったのか!」という書名は、な [続きを読む]

受信: 2005/11/10 01:37

« ロケットまつり8 | トップページ | 『大学の話をしましょうか』 »