« 文学フリマ | トップページ | テレビドラマ化2作 »

「はやぶさ」の第1回着陸・試料採取

去る11月19日深夜から20日にかけて行われた小惑星探査機「はやぶさ」の第1回着陸・試料採集についての速報が出ました。

・宇宙科学研究本部
 「はやぶさ」の第1回着陸飛行の結果と今後の計画について
・松浦さんのブログ
 松浦晋也のL/D

当日は、午前3時まで実況につきあっていたのですが力尽き、7時前に飛び起きてみれば、「空白の30分」騒動。
いったいなにが起きていたのか、やきもきしていました。
当日遅くに分かったことは、「88万人の署名を載せたターゲットマーカーの投下確認、イトカワ到達」「近距離のレーザー高度計を使っての降下」「高度17メートル(!)までの自立航法」で、その後「はやぶさ」が着陸したのか試料の採集に成功したのか、不明のままでした。
(詳しくは、「はやぶさ」88万人の「星の王子さま」たちへふたたび88万人の方々へにあります。涙なくしては読めません!)

今日夕方過ぎに分かったことは、……。
「はやぶさ」は「イトカワ」に着陸していました!
すばらしい快挙です。

緊急的な措置のためとはいえ、無事着陸していたとは。そのため、試料採取が行われなかったのは残念ですが、もうあと一歩のところまで来ていますね。
第2回の着陸・試料採集が楽しみです。

「はやぶさ」にダメージがないことを祈りつつ……。
がんばれ「はやぶさ」!
がんばれ「はやぶさ」に関わるすべての人たち!!

|

« 文学フリマ | トップページ | テレビドラマ化2作 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/7289408

この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ」の第1回着陸・試料採取:

« 文学フリマ | トップページ | テレビドラマ化2作 »