« 『月館の殺人』 上 | トップページ | スペースカバー »

『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』

「一度は行ってみたい所」に、ザ・リッツ・カールトン・ホテルがあります。
最初は、テレビでこのホテルのサービスの一環をかいま見て、『リッツ・カールトン物語』という本でさらにそのすばらしさにふれてみて、チャンスがあったら、ぜひ泊まってみたいと常々思っています。
つい最近、この本が発売されたので買ってしまいました。

『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』
(高野 登著 ISBN4-7612-6278-8 かんき出版)

本のジャンルとしては、いわゆる「ビジネス本」です。
個人的に「ビジネス本」は、「個人の個人的な成功例や体験談本」か、「格言・名言につながる本」か、「それらを含んだビジネスという枠を超えた1冊になりうる本」か、の3種類だと思っています。
最初の方になるほど、一度読んだらおしまいですが、この本は違います。

リッツ・カールトンの従業員なら誰でも持っている「クレド」というカードがあります。
リッツ・カールトンという上質なサービスの源になっているものですが、この本では紹介されています。
「クレド」の紹介なら、他の本でも見たことがありますが、この本ではさらに踏み込んで、サービスの神髄というか姿勢が紹介されています。

その姿勢は、リッツ・カールトン・ホテルだけのものなのでしょうが、その根底にあるものは、働くことやサービスすることや生き甲斐につながるものだと思います。

そういうことを、手本として見せてくれているこの本は、良い姿勢の「ビジネス本」だと思います。


ちなみに、私がこのホテルを詳しく知ることになった『リッツ・カールトン物語』は、『旅名人ブックス68 リッツ・カールトン物語』(ISBN 4-86130-043-6 日経BP企画)に版を改めているようです。

|

« 『月館の殺人』 上 | トップページ | スペースカバー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/6118312

この記事へのトラックバック一覧です: 『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』:

« 『月館の殺人』 上 | トップページ | スペースカバー »