« 所変われば? | トップページ | ディスカバリー打ち上げ成功 »

宇宙研一般公開

20050724-11

今年もこの時期になりました。私の夏がはじまりです。
7月23日に行われたJAXAの宇宙科学研究本部一般公開に行ってきました。
天気は、曇りで暑さもそれほどではなく、淵野辺の駅から溶けることなく向かうことが出来ました(笑)

毎年毎年通っていると、展示・公開されているものがそんなに大きく変わらないのですが、それでも少しずつ研究成果や新しい実験などの公開があるから、やめられません。
今年は、デジカメでそれほど写真を撮らないで見て回ることにしました。
特に印象に残ったものをいくつか。


「すざく」の打ち上げビデオの公開されていました。やっぱり画像がきれいです。ここで見るから価値があります。

「はやぶさ」の実物大は去年と違って、小惑星に接近するイメージでしょうか、傾けて展示してありました。なかなかよいです。

「電波・赤外線・X線天文学コーナー」では、今年も工夫を凝らした展示で面白かったですね。今年は「太陽にほえろ」でした(笑)

「宇宙農業構想コーナー」は今年初ですね。火星で最初に咲かす候補の花のたねを頂きました。

「レールガン実演」は必修科目です。あの音と光でこれからの1年間がしゃきっとしますから(笑)

「飛翔体環境試験棟」では、「SOLAR-B」と「ASTRO-F」の実機を見ることが出来ました。満足。

20050724-12
「ソーラーセイル」では、外惑星用の探査機の模型がありました。太陽電池をソーラーセイルに貼り付けて、地球からは、余りある電気でイオンエンジンで加速して外惑星に向かい、そこから先はソーラーセイルを使うという日本らしい計画です。

20050724-13
「50年前に起きたこと」は、ペンシルロケット50周年特別講演。的川先生の話はいつ聞いてもよいです。一般公開直前に隣の部屋から見つかったペンシル関係の写真なども見ることが出来ました。「宇宙を素材にして、こどもたちを元気にする」の話が印象に残りました。


展示以外にも掘り出し物がありました。
まずは、「宇宙へ飛び出せ」シリーズの新しいものが発売されていました。今回からDVDだそうで「X線で輝く灼熱の宇宙」と「3万kmの瞳-宇宙電波望遠鏡で銀河ブラックホールに迫る-」の2本です。
もちろん買いました。

もう一つが、上の写真に写っている「内之浦特産 だいだいドリンク」です。
詳しくはこちらのホームページを見てもらうとして、おいしいです。これが今まで一般公開で販売されていなかったことが悔やまれます。
柑橘系ののどごしで甘みがきつくないので後味が大変良いです。

宇宙研一般公開の楽しみがひとつ増えました(笑)
来年も万難を排して行きましょう!

|

« 所変われば? | トップページ | ディスカバリー打ち上げ成功 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/5136719

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙研一般公開:

« 所変われば? | トップページ | ディスカバリー打ち上げ成功 »