« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

『2005年のロケットボーイズ』

題名には「ロケットボーイズ」とありますが、「キューブサットボーイズ&ガール」の話です。

『2005年のロケットボーイズ』
(五十嵐 貴久著 ISBN4-575-23531-8 双葉社)

10センチ四方の超小型人工衛星、キューブサット。
この物語は、普通の高校生がキューブサットを作ります。
とはいっても、普通の高校生。
そこにはいろいろなことが起きます。それを乗り越えて、自分たちの人工衛星を宇宙へ上げます……、というような“感動もの”とはちょっと違いました。

現実には、東大と東工大のキューブサットが今地球の周りを回っています。
それぞれの大学は、宇宙開発を目指す若者たちが取り組んだ衛星です。
(その奮闘記は、川島レイさんの『上がれ! 空き缶衛星』や『キューブサット物語~超小型手作り衛星、宇宙へ』にあります。みんな読んでおくように(笑))

この話の高校生は、ロケットや人工衛星が好きだ~、というそもそもの取っ掛かりがありません。
でも、仲間たちとキューブサットを作っていきます。
上記の本たちのことを頭に描いていると、ちょっと肩すかしをくらいますが、それを越えてのこの物語の面白さがありました。

一種の青春物語のスパイスが「キューブサット」となりますが、キューブサットには、ちゃんと考察や考証がされています。ああ、普通の人たちが宇宙開発にふれる瞬間ってこういう感じなのかと(フィクションですけど)思いました。

めちゃめちゃ個性的な登場人物たちが出てきて、ちょっと友達にはなりなたくないあ、とは思いますが、でも、こういう仲間たちとならキューブサットを作ってみようかと思いました。
そういう時代は、もしかしたらすぐそこまで来ているのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

この間見てきました。
この映画ほど、いわゆるネタばれがされていて、その後がどうなるかまで分かっているのに、見てみるとやっぱり大違いでした。

見終わっても、「終わった」気がしません。
エピソード4~6にちゃんとつながっていました。
もともと、エピソード1から3まで映画として見ることが出来ないのかと思っていたので、その完結となるとやっぱりひときは違うものでした。

最後の決闘、というにふさわしい場面は、圧巻ですね。
ヨーダの活躍も思いっきり見ることが出来ました。

このサーガがこれ以上見られないのは寂しいですが、それでも思いをはるか昔の遠い銀河にはせていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ディスカバリー打ち上げ成功

スペースシャトル再開第1号のディスカバリーの打ち上げが先ほど午後11時39分に行われました。
打ち上げ成功です。
日付が変わって、0時20分過ぎに、NHKニュースで地球周回軌道に無事乗ったとありました。
よかったよかった。

NASA-TVとNHKニュースと交互に見ていましたが、見事な打ち上げでした。
これからのミッションの成功を期待します。
野口さんおめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙研一般公開

20050724-11

今年もこの時期になりました。私の夏がはじまりです。
7月23日に行われたJAXAの宇宙科学研究本部一般公開に行ってきました。
天気は、曇りで暑さもそれほどではなく、淵野辺の駅から溶けることなく向かうことが出来ました(笑)

毎年毎年通っていると、展示・公開されているものがそんなに大きく変わらないのですが、それでも少しずつ研究成果や新しい実験などの公開があるから、やめられません。
今年は、デジカメでそれほど写真を撮らないで見て回ることにしました。
特に印象に残ったものをいくつか。


「すざく」の打ち上げビデオの公開されていました。やっぱり画像がきれいです。ここで見るから価値があります。

「はやぶさ」の実物大は去年と違って、小惑星に接近するイメージでしょうか、傾けて展示してありました。なかなかよいです。

「電波・赤外線・X線天文学コーナー」では、今年も工夫を凝らした展示で面白かったですね。今年は「太陽にほえろ」でした(笑)

「宇宙農業構想コーナー」は今年初ですね。火星で最初に咲かす候補の花のたねを頂きました。

「レールガン実演」は必修科目です。あの音と光でこれからの1年間がしゃきっとしますから(笑)

「飛翔体環境試験棟」では、「SOLAR-B」と「ASTRO-F」の実機を見ることが出来ました。満足。

20050724-12
「ソーラーセイル」では、外惑星用の探査機の模型がありました。太陽電池をソーラーセイルに貼り付けて、地球からは、余りある電気でイオンエンジンで加速して外惑星に向かい、そこから先はソーラーセイルを使うという日本らしい計画です。

20050724-13
「50年前に起きたこと」は、ペンシルロケット50周年特別講演。的川先生の話はいつ聞いてもよいです。一般公開直前に隣の部屋から見つかったペンシル関係の写真なども見ることが出来ました。「宇宙を素材にして、こどもたちを元気にする」の話が印象に残りました。


展示以外にも掘り出し物がありました。
まずは、「宇宙へ飛び出せ」シリーズの新しいものが発売されていました。今回からDVDだそうで「X線で輝く灼熱の宇宙」と「3万kmの瞳-宇宙電波望遠鏡で銀河ブラックホールに迫る-」の2本です。
もちろん買いました。

もう一つが、上の写真に写っている「内之浦特産 だいだいドリンク」です。
詳しくはこちらのホームページを見てもらうとして、おいしいです。これが今まで一般公開で販売されていなかったことが悔やまれます。
柑橘系ののどごしで甘みがきつくないので後味が大変良いです。

宇宙研一般公開の楽しみがひとつ増えました(笑)
来年も万難を排して行きましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

所変われば?

20050724-01

先週の日曜日に写真のサラダを食べました。
なかなかおいしかったのですが、食べた場所が意外な場所です。

続きを読む "所変われば?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たい焼き+お好み焼き=?

20050718

休日くらい書くか(笑)ということで、小ネタをひとつ。
職業柄、外に出ることもなければお客さんとも会うことも少ないです。
それでも、ときどき部品の買い出しに出かけることがあって、出かけた人がお菓子などを買ってきます。

「先輩、たい焼き買ってきたんですけど、どれにします。小倉は……ないです。カスタードと“お好み焼き”」
「はっ?」

もちろん選んだのが「お好み焼き」
甘いもの好きなんですけどね、ここはやっぱり何事も経験で。

写真だとわかりにくいですが、お好み焼きの具がたい焼きに入っているのです。
これが意外に……おいしかったです。
お好み焼きソースの甘さと野菜の歯ごたえが妙にたい焼きの皮とあっています。
新食感! というやつでした。

このたい焼き、どこにでもあるんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン復帰

やっと一昨日辺りからパソコンが使えるようになりました。
データがふっとんで青ざめましたが「ファイナルデータ3.0」というソフトのおかげで、無事データが戻ってきました。

ハードディスクにデータが戻ったので、別のメディアにデータをバックアップしたり、壊れたハードディスクはお蔵入りにして買ってきたハードディスクを付け替えたり、とやっておりました。
これでしばらく大丈夫だと思うのですが、どうなのでしょうか?

そういうわけで、ここへの書き込みも通常運用に戻します。
というほど、書き込みはしないと思いますが(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ASTRO-EII/M-V-6打ち上げ

20050717-01

最近、仕事の神様にもパソコンの神様にも見捨てられていますが、日本の宇宙開発の神様はそうではありませんでした。
7月6日に打ち上げられるはずの ASTRO-EIIは、天候不良のため延期。
最終的に打ち上げ日が7月10日になりました。
そう、この日は日曜日です。
土曜日は仕事で足止めを食らっていたのですが、日曜日は音沙汰がないので、それっとばかりに東京は丸の内に行ってきました。

20050717-02
行ってびっくりだったのですが、2月のMTSAT-1R/H-IIA・F7には、映像すら流していなかった日経の巨大モニターで内之浦からの中継を流しているではないですか。
まあ、前回のことは水に流してやるか(笑)と、中継を見ることにしました。

20050717-03
モニターの下では、宇宙研の先生が内之浦からの映像に説明を入れたり、ASTRO-EIIの意義について解説がありました。
中継映像は、打ち上げ準備が順調にすすんでいるのかあまり代わり映えしなかったので、こういう説明は待つ方としては大変ありがたいです。

20050717-04
打ち上げ直前までは人の集まりが悪かったのですが、打ち上げ5分ほど前になるとかなりの人だかりが出来ていました。
そして、12時30分。
予定通りにM-Vロケット6号機は、打ち上げられました。
ロケットからの映像は、乱れているものの素晴らしいものでした。姿勢制御をしたときに地球が見えたときは、会場からため息と声があがったほどです。
打ち上げは無事成功しました。
12時55分をもって、中継は終了しました。

それではと、JAXAiに行ってみるとちょっと気になることを聞きました。
ASTRO-EIIは、打ち上げ後すぐにはロケットから切り離されず、太平洋を横断したサンチャゴ局でデータを受信できる辺りで離されます。
中継は終わってしまっているので、衛星がどうなったか速報などは普通は知ることが出来ません。
「JAXAiではわからない。隣の東京事務所なら情報は入っている」ということを聞きました。

広報担当する場所でそういう情報が入らないということは、どうなんでしょう?
まだ、旧組織の「壁」があってそうなっているのでしょうか?
ちょっと気になりました。


それはそうと、ASTRO-EIIは「すざく」と名付けられ順調に運用されています。
空白の5年間を吹き飛ばすような活躍を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブックバトン

「バトン」づくしですが、こういうのもまわってきました。
あまり期待されるほどではないので……。

◆部屋にある本棚の数
 3つ。正確にいうと本だけで使っていないので、1.5くらいでしょうか
 隣の部屋にもうひとつあります。
 あとは、自分の部屋の天井と床に平行な面に一杯(笑)


◆最初に買った(読んだ)本
 う~ん、覚えていない。
 たぶん、父親が出版関係に勤めていたので、そこらあたりから来た本でしょうか?


◆最後に買った本

『作曲家の発想術』
この前、この本の著者の青島広志さんをテレビで見てつい買ってしまいました。


◆今読んでいる本

『福祉を変える経営』
小倉昌男さんが亡くなられたので追悼を込めて読んでいます。


◆よく読む、または特別な思い入れのある5冊の本

 50冊くらいなら簡単なんですが……。
 ここに上げた5冊は「不動」の5冊ですね。
 自分で書いてみてもここ10年以上変わっていないのでつまらない(笑)
 それなので、ちょっと変わった番外編もつけてみました。


『シャーロック・ホームズの冒険』
 早川文庫版ですが、私の読書歴が正しい道(笑)を歩き始めた最初の本です。
 中学生にはいるか入らないかのころですね。

『スーパー書斎の仕事術』
 本が好きで、書斎がほしいなと高校時代に読んだ本。
 それだけの本ではありませんでした。
 袋ファイルにファイロファックスにワープロにパソコンに、と突き進めた1冊。

『すべてがFになる』
 主人公の犀川助教授の生き方がとても新鮮で完全に影響されています(笑)

『星へ行く船』
 高校時代に読みましたが、あのときに読めて良かった本です。

『銀河英雄伝説』
 大学時代に読みました。
 高校の頃から進められていたのに序章でくじけた自分が読書人生最大の汚点でしょう。


*番外編
 本ではないのですが、思い入れがある話があるのですが題名が思い出せない。
 私が小学生高学年か中学生のころの国語の教科書に載っていた話です。

 確かロシアの作家が書かれた話で、キャンプに来ていた男の子と女の子とが出会って、という話です。
 仲良くなるのですが、みんなにからかわれるか何かして、2人で森に入っていくようなシーンを覚えています。

 この話が好きで、この教科書を取っておいたのですが、ここ数年どこへいったやら。
 インターネットとかで調べてみるのですが、マイナーな話だったのでしょうか分かりません。

 結構、国語の教科書で読んだ作品って大人になって読み返すと、ということは良くあるようで、インターネットの掲示板でも見て回るとかなりありました。

 「フランス万歳」とか、
 「これはレモンの匂いですか?」「いいえ、夏みかんですよ。」とか、
 「ひとつだけちょうだい」とか、です。

 思わず、図書館に行ってみんな読んでしまいましたよ(笑)
 ちょうど、その図書館で「国語の教科書にでてくる作品リスト」があったので。
 でも、私が探している作品はありませんでした。

◆バトンを渡す相手5人の名前
 お好きな方、どうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シネマリレー

この間の旅行の時に、「Musical Baton」の話が出て、これの映画版があったら面白いね、という話になりました。
そういうのはすでに「シネマリレー」というものがあるそうで、私もぶんどってきてみました(笑)


●最後に映画館で観た映画

「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」

月1本映画を見に行くと心に誓っているんだけどなかなか……。
そのまえが「Shall we dance?」というありさまで(笑)


●今までで観た、一番泣ける映画

「フィールド・オブ・ドリームス」

ビデオで見ても、DVDで見ても、テレビで見ても最後に泣いています(笑)


●期待はずれだった映画

強いてあげれば「ターミナル」

ラストのラストでああなるのは、ちょっとこの映画に合わないと思ったのです。


●お気に入りの映画5作品

好きな映画は甲乙つけがたいので難しい。
15作品くらいならあげられるんですけど。
どこかで「感動」した5作品(プラス1)ということで……。


「フィールド・オブ・ドリームス」
心ゆくまで楽しめる野球場は良いものです。

「BU・SU」
一生に一時期しかない時期がここにはありました。

「ルパン三世 カリオストロの城」
映画ってこうあるべきだと教えられた作品。

「アポロ13」
ほんの30年前にあった事故に立ち向かった人々のドラマは胸をうちました。
(宇宙開発フリークという点を差し引いても)

「ファイナル・カウントダウン」
ああ、やっぱり男の子の映画は大好きです(笑)

「ミュージック・オブ・ハート」
ロベルタ(主人公)がはじめてカーネギーホールに行って説明を受けるシーン鳥肌が立ちました。


・番外編
「法医学教室の長い一日」(テレビ映画)
ずいぶん前に見たんですけど、なぜか忘れられない映画です。
DVD化希望です!


●次の5名様を指名

ええ、どなたか受け取ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Musical Baton

ずいぶんはやっているなと思っていたら、私のところにも来たので
書いてみました。
と、言っても来たのはだいぶ前ですけど。


* Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

3.63GB。
MP3とWMAとソニーの規格のものがあります。


* Song playing right now (今聞いている曲)

聞いていません。
普段は、平沢進さんの自分で作ったベスト集でしょうか。


* The last CD I bought (最後に買ったCD)

「FOLK SONGS 3」か「SWING GIRLS LIVE!!」か「池袋ウエストゲートパーク Classic Edition」のどれか。


* Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

言われてみると、そんなに思い入れのある曲がないのに気がつきました。
人が好きだと言っている曲とか進められて曲とか聞いてみるのですがはまったのはほとんどありません。
時々聞き返すので、そんなに悪くないはずなのですがなぜでしょう?

風の分身(平沢進)
デイジー(さだまさし)
地図をください(遊佐未森)
遠い音楽(ZABADAK)


* Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

渡そうと思った人はみんなバトンが来ているようなので今のところいません。
う~ん、困った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン壊れた

金曜日から現在にかけてパソコンが壊れていました。

ボーナスがいくらか出たのでハードディスクを新調して、そしてらうまくOSがデータの入ったディスクを認識しなくてあーだこーだ。
日曜日に打ち上げおめでとう(詳しくはあとで書きます)とばかりにビデオボード買ってきて交換したら、なぜかデータの入ったハードディスクがお亡くなりになりました。

日曜日の夜中まであれこれやりましたが認識しません。
ちょっといままで作ってきたデータやら、デジカメのデータが入っているディスクなので青ざめましたよ。
とりあえず、復旧ソフトを買ってきて(あいたたた)、なんとかなりましたが、しばらく様子見です。

開店休業中です。
という訳で生存証明でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »