« 菅平宇宙電波観測所 | トップページ | ひまわり6号の正式運用 »

菅平の思ひ出

20050626-31

さて、結婚式です。
そこには、とっても「おもてなしの心」がありました。
お色直しにいった新郎(高校時代の友人)が、割烹着来て、しれっと焼きそばを作っているなんて(笑)
とってもおいしかったです。

また、彼が行っている大道芸の写真を撮るということから、なんとその大道芸の方々が来られて、みなさんの芸を見せてくれるではないですか!
司会から演奏される方から、指輪の交換のために持ってくる人までみなさんそう。
私もラジオで聞いて好きになった方もおられて、こんなに間近で見られる幸せを誰に伝えたらよいのでしょうか?
写真を撮るふりして見ていた自分がおりました。


最後に新郎が挨拶をしました。
それを聞いて、本当にやっとなんで「菅平」で式を挙げたのか分かりました。

新婦の亡くなった祖母の定宿がここ菅平のホテルでした。
その祖母にこの式を見せられないのが残念だと、彼は語っていました。
菅平は、標高が高いから、少しでも祖母のいる天国に近くなる。
そこで式を挙げようとのことでした。

その式に立ち会えたことが、私にとって今回の最大の幸せだと思いました。
良い思い出になりました。
ありがとう。

最後に蛇足ですが、タイトルは、関係者の反省会(笑)でこのタイトルで書くんだ、となったのです。
ふざけている訳ではないので、ご勘弁を。

|

« 菅平宇宙電波観測所 | トップページ | ひまわり6号の正式運用 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/4723201

この記事へのトラックバック一覧です: 菅平の思ひ出:

« 菅平宇宙電波観測所 | トップページ | ひまわり6号の正式運用 »