« ちょっと遠回り | トップページ | H-IIAロケットの打上げ再開 »

アンテナをおろす

20041205-11.jpg
最近、親戚に不幸があったりなどでちょっとばたばたしていましたが、そんななかでアマチュア無線のアンテナをおろしました。

近所で工事をする業者がうちに挨拶に来たとき、私が対応したのですがこう言われました。
「ステーがゆるんでいますよ」
丁寧な挨拶の上、わざわざそこまで気がついてくれて、なんと親切な業者さんだろうと思いました。
よく見るともう20年近く前にあげたアマチュア無線のグランドプレーンアンテナのステーが確かにゆるんでいます。
だいぶ傾いてきたので、どうしようとか考えていたのですが、なかなか屋根に上がろうと思わなかったので、かれこれ5年以上整備していませんでした。

それでちょっと屋根に上ってステーのターンバックルでも締めようかと思って、屋根に上ったらびっくり。
アンテナは大丈夫でしたが、マストからステーの金具からサビがびっしりと覆っています。
アンテナもつなぎ目のボルトやねじがゆるんでいるのがよく分かりました。

それでこれは危険だと、とりあえずアンテナだけおろすことにしました。
サビがかなりあちらこちらにあったのでかなり手こずりましたが、1時間半ほどでなんとかおろせました。

「アンテナをおろしたら、もう無線をしなくなるのでは」とか思っていたので、アンテナをおろさずに放っておいたのですが、こればっかりは仕方がありません。
また機会を見てアンテナをあげようと決意しました。(今度は2mSSBかな~)

その次の週、台風並みの勢力に発達した低気圧が日本を縦断。
瞬間最大風速40・2メートルという観測史上最大のもの。
近所の店の看板が落ちるほどでした。

ああ、アンテナおろして正解でした。
あのままだったら、どんなことになっていたやら。

|

« ちょっと遠回り | トップページ | H-IIAロケットの打上げ再開 »

「アマチュア無線」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

航空母艦のアンテナのように倒したりでくるといいですね。自作派ハムが減り残念です。学生時代は50MHzで2SC799終段自作トランシーバーでDXやローカルラグチューとたのしめました真空管アレルギーに40年前にかかり石派一筋でしたが今は固体燃料で飛ばすモデルロケットをつくり15年です。

投稿: 加藤 | 2007/05/28 07:09

加藤さん、コメントありがとうございます。

HF帯とかですとどうしてもアンテナが大きくなるから“畳めたら”良いですよね。未だにアンテナ上げずじまいでもっぱら所属している無線クラブでの運用ばっかりです(笑)

学生の時にモデルロケットを数回打ち上げたことがあります。広い場所がないとなかなか打ち上げられないので今は部屋の片隅で眠っていますけど。

投稿: 山本 | 2007/05/29 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/2164610

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナをおろす:

« ちょっと遠回り | トップページ | H-IIAロケットの打上げ再開 »