« 「ウォータークラッカー」 | トップページ | 『前田建設ファンタジー営業部』 »

『6(シックス)ステイン』

来年に映画化される『亡国のイージス」や『終戦のローレライ』で有名な福井晴敏さんの初短編集が発売されました。

『6(シックス)ステイン』
(福井晴敏著  ISBN:4062126419 講談社)

福井さんの作品に出てくる組織の6人がそれぞれ描かれています。
この組織は、日本の諜報組織故にその存在自体も極秘にされています。そういう組織の中に住んでいる人物は、小説の中である意味格好良く存在しています。

福井さんの長編では、そういう人物は別に格好良くもなく自分の過去と対峙しながら現在を戦っていく“熱い男”たちを書かれていますが、今回の短編ではそうではなかったのです。読んでいて拍子抜けしましたが、読み進んでいくうちに「やっぱり福井晴敏だ!」となってきました。
短編なのに、数々の長編作に劣らない熱い“ドラマ”がそこにありました。

話の内容はとても重いものがありますが、読み終わって良かったと思える作品ばかりです。
個人的には「920を待ちながら」も良かったですが「いまできる最善のこと」がよかったです。この主人公は好きになれませんが、それでも魅了されるストーリーは、さすがだと思いました。

|

« 「ウォータークラッカー」 | トップページ | 『前田建設ファンタジー営業部』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/2163527

この記事へのトラックバック一覧です: 『6(シックス)ステイン』:

« 「ウォータークラッカー」 | トップページ | 『前田建設ファンタジー営業部』 »