« シーズン到来 | トップページ | 夜景 »

『STAR EGG星の玉子さま』

森博嗣さんが新しい絵本を出されました。
いままでにも絵本を出している森さんですが、今回は絵と文章もご自身で書かれています。

『STAR EGG星の玉子さま』
(森 博嗣(作・画)  ISBN:4163235507 文藝春秋)

絵本は、玉子さんが愛犬のジュペリと一緒におじいさんが作った古いロケットでいろいろな星を巡る、という内容です。
それぞれの星は、みなとても小さいですがそれ以外は普通の星です。
中には三角の形を持った星やお墓しかない星もあります。
そんな星を巡っていく。それぞれの星について感想や考えが文章として表されています。

森さんの著書は、すでに100冊を超えたそうですが、これはとても森博嗣らしい作品です。
絵本なのに、絵本らしくない。やっぱり「考えさせられる」本になっています。
星の大きさがとても小さい、それだけの違いでしかないのに、そこに存在するものや問題が非常に明確に浮き彫りに出ています。
あとは、受け取る側がどう感じるか、考えるかをものすごくたくさん残してあります。

この絵本には「解説」が付いています。
それぞれの星について、森さんの言葉で解説されています。
この解説だけでも読む価値がある、そういう力をこの絵本は持っています。

この絵本のオビに次の言葉があります。
「宇宙には、沢山の孤独と、沢山の夢がある--」
それをすてきな絵で読むことが出来て、とても幸せです。

森さんも、この絵本にはたくさんの人に読んでもらいたいとの考えから、自分の印税を0にして、価格を安くしています。
また、沢山の人に知ってもらいたいので自分で1000部買い上げて、読者に「誰に送りたいか? その理由は何か?」をメールがアンケートして、その1000部をプレゼントするそうです。
ここのホームページに詳しいことが書かれています。興味があったらどうぞ。

|

« シーズン到来 | トップページ | 夜景 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/1894292

この記事へのトラックバック一覧です: 『STAR EGG星の玉子さま』:

« シーズン到来 | トップページ | 夜景 »