« 2004年国際航空宇宙展(宇宙編) | トップページ | 夜景 »

2004年国際航空宇宙展(航空編)

20041010-11.jpg
航空宇宙展の航空の部分は、いろいろ見て回りましたが、時間帯がよかったせいかデモフライトを見ることが出来ました。
新明和工業のブースで で「US-1A改」の模型など眺めていたら、係の人と海上自衛隊の会話が聞こえてきました。

「予定通りあがります」(海上自衛隊員)
「機長はだれですか」(係の人)
「○○さんです」
「14時50分、予定通りですね」
「12時にあがりますから、予定通りです」
「岩国からですか」
「そうです」敬礼

ああ、見に行くぞー!

上の写真は、そのデモフライトの一コマ。
こういうのが目の前で繰り広げられたのです。
持っていたデジカメではうまく撮れませんでした。まあ、スナップ用のデジカメでは。
次までには、ちゃんとした機材を用意しようと堅く決心しました(笑)

20041010-12.jpg
デモフライトが行われたのは、パシフィコ横浜前の横浜港。目の前にはベイブリッジも見えます。
私が行ったときにはすでにこの状態。頭の上を航空自衛隊のUH-60が飛び、「みなとみらい臨時ヘリポート」に着陸するではないですか!
ああ、来て良かった。
唯一の気がかりがこの天気。晴天の予報が曇り空。雨も降り出しそうでした。

20041010-13.jpg
最初にデモを行ったのは、横浜消防のAS365と川崎消防のBK117です。
2機が目の前を左右に展開して飛行しました。
ちなみに、臨時ヘリポートを使う機体以外は、すべてベイブリッジ方面から飛行してきて、デモを行うと川崎方面に抜けていきました。

20041010-14.jpg
続いては、ご当地の神奈川県警のAS365。近場からの飛行だったせいか、ホバーリングなどかましていきました。

20041010-15.jpg
こちらは、お隣の東京は警視庁のEH101。でかい機体です。

20041010-16.jpg
次からは、自衛隊機です。陸海空といっぺんに見ることが出来るなんて……。
まずは、航空自衛隊のUH-60。
水難救助です。いつも間にかに確かに海に誰かいる。
ヘリから救難隊員がホイストケーブルで海に救助に向かいました。
ところが、風が強くなってきて見ていて大変そうでしたが、あっという間に救助。
さすがです。

20041010-17.jpg
デモ後のUH-60。再び臨時へリポートに着陸。おそらく次のヤマハの無人ヘリコプタのためにスタンバイしていたのでしょうか? 無人ヘリコプタが着陸したら再び離陸して川崎方面に飛んでいきました。
私のとなりにいた人が航空無線を受信していていろいろ盗み聞き出来ました(笑い)。
このUH-60は、百里の機体だそうです。

20041010-18.jpg
ヤマハの無人ヘリコプタ。空中画像伝送をしていたそうです。

20041010-19.jpg
陸上自衛隊のUH-1。航空無線から聞こえてきたのは、運行を管理しているらしい「みなとみらいフライトコントロール」からの「派手にやってください」。
写真からも分かるように、海面すれすれまで降下したり、その場で回転して見せたりいろいろやっていました。
こちらは、木更津の機体だそうです。
だんだん、天候が悪くなってきて、作戦に使用する機体は写真でもよく分かりません。隣にいたカメラを担いだ人は「こりゃ、真っ暗だ」と言っていましたが確かにそうでした。

20041010-20.jpg
偵察任務に使用される陸上自衛隊のOH-1。
こいつが飛んでいるところははじめて見ました。大石英司さんの小説にあるように「どこが偵察ヘリだ」の台詞通りの機動を見せてローパスしていきました。コールサインは「オメガ」とか。

20041010-21.jpg
今度は、海上自衛隊のSH-60J。
下総からの来たようです。

20041010-22.jpg
航空自衛隊のCH-47は、空中消火のデモを行ってくれました。
目の前で海水をくみ上げて、散布。

20041010-23.jpg
今度は「ヘリダンス」。
2機のR22が妙技を見せてくれました。見た目からは想像できない運動性能を堪能できました。

20041010-24.jpg
こちらは、もう一機のR22。スモークを炊いていますが、天気が悪すぎて全然見えません。機体も赤いのですが全然分かりません。

20041010-25.jpg
ユーロヘリのEC120。
臨時ヘリポートからの離陸でした。
結構長い間デモをしていました。

20041010-26.jpg
この段階で、上空通過するはずのUS-1は、キャンセルになっていました。さすがに悪天候でも飛行できる機体でも下から見えないと意味ないですものね。残念でしたが、いままでのデモフライトで満足です。
最後を飾ったのは、川崎重工のBK117。
軽快に横浜の空を飛んでました。


天気予報通りでしたら、もっとじっくり機体を見ることが出来たのでしょうか、つぎつぎに行われるデモに完全に引き込まれていたのでよかったです。
天候の悪い中、数々の技を広げてくれたパイロットの方に感謝したいと思います。
また、短い時間に効率よく機体の運行した「みなとみらいフライトコントロール」にも感謝です。

|

« 2004年国際航空宇宙展(宇宙編) | トップページ | 夜景 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/1654762

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年国際航空宇宙展(航空編):

« 2004年国際航空宇宙展(宇宙編) | トップページ | 夜景 »