« 無線LAN導入編 | トップページ | ISASメールマガジン »

サイバーショット DSC-P1 入院す!

私が使っているデジカメは、ソニーのサイバーショットDSC-P1です。
フラッシュをたいたときに被写体までの距離が遠いと、画像全体が暗くなる場合がありますが、320万画素で電池も割とよく持つ方なので重宝して使っていました。
(メモリスティックPROが使えないのは、まったくもっていただけませんが……)

この間のハムフェアに行く前日に充電池の充電をしていたところ、すぐにフル充電表示がされてしまうことが起きました。
以前、この機種はこのような現象が起きるという不具合が見つかり、ソニーから無償点検・サービスのご案内がありました。
もちろん、秋葉原のサービスセンターに持ち込んで調べてもらって該当する症状でしたので、無料修理してもらうことが出来ました。

一瞬、このことが頭をよぎったのでしたが、充電池も買ってからだいぶ経つのでそのせいかと思いました。しかし、次の週が宇宙研の一般公開日だったので、それは困ると、新しい充電池を買いに行きました。
ところが、新しい電池を充電しても、すぐにフル充電表示が出る!
電源を何度か入り切りするとしばらくは充電されるのですが、やはりだめ。だましだまし、充電をしてみて少しは充電できたのでなんとか使えるようにしました。

修理は可能かとソニーのホームページで調べると、無償点検・サービス期間は「平成15年4月15日より平成16年4月14日まで」となっていました。
「こりゃ有償修理か……」と思いつつ、ソニーのサービスセンターに電話すると、症状を聞かれて上で、折り返し<ソニーデジタルスチルカメラ「DSC-P1」コールセンター>から電話をしていただけることになりました。

コールセンターからかかってきた電話に症状を話すと、大変丁寧に対応してくれて家までデジカメを取りに来てくれて調べてもらえる、とのこと。だいたい1週間かかるそうです。
さっそく、お願いして1日後にペリカン便が引き取りに来てくれました。

さあ、私のP1はどうなるのでしょうか?
しばらくは、携帯電話のカメラで撮影です。

|

« 無線LAN導入編 | トップページ | ISASメールマガジン »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/1381590

この記事へのトラックバック一覧です: サイバーショット DSC-P1 入院す!:

« 無線LAN導入編 | トップページ | ISASメールマガジン »